日本政策金融公庫・信用保証協会ってなんだろう?

わからない人にとっては、
「銀行はお金貸すのが仕事だろう」と思われがちかもしれません。
しかし銀行にしてみれば、国民の預金者から預かったお金を出すわけですし、
国金からしてみれば、国のお金を運用する面で貸し出しに回すわけで、
そこにはものすごく重い責任があるのです。
つまり「貸したものは回収する」という責任です。
借りる側としては、借りたものは返すというのは当然思っているので
返さないつもりはないのですが、現実にはデフォルトが起こるとしたら、
そのデフォルトの率をどれだけ下げられるかが金融機関の力であり、
ノウハウなのです。
借りる側と貸す側では180度見る所が違います。
もし自分のお金を友達に貸すということを考えたらわかると思いますが、
大切な自分のお金を人に貸すとしたら、
どれだけいろいろなことを思い、考えるでしょうか。
ひょっとしたら「出来れば貸したくない」と思うかもしれません。
金融機関は貸すことが仕事ではあるのですが、
自分のお金ではなく人から預かったお金ですので、
むしろ、より責任を感じながら運用しています。
こちらもその辺をしっかり認識した上で窓口に行く必要があると思います。
少し甘い考えで、100%成功することを想定してしまっている方には、
融資実効の可能性は低いものとなるかもしれません。
理想的なことを言えば、収入は控えめに、支出は多めに見積って、
第2第3の安全策も考えながら、自己資金も用意し、
それなりに家族の協力も得て、
かなり成功の確率を高めた事業プランを話さないと、
自分本位の「こうなるはず」とか「彼ができるのなら自分もできる」
といったような根拠のないプランで窓口に行ってしまうと、
融資の実行は難しいものになってしまうでしょう。
最初に断られてしまいますと2回目3回目も駄目ということが多いです。
従いまして、最初からしっかりしたプランニングを準備していただき、
それを持っていくようアドバイスをさせていただいています。
自分の常識が金融機関の常識であるとは限りません。
お金がないから借りに行くわけではありますが、
自己資金なんかないというようなことではいけません。
金融機関の常識では、
「お金の用意もなく借りにきているのか」となります。
このように借りる側の常識と金融機関の常識は違うのです。
そういったようなこともお話しします。
入金は少なめ出金は多め、
最初のイニシャルは思ったよりもかかることなど、
私の体験も交えてお話させていただくこともあります。
最終的には僕が横について申し込むのでなく、
事業者自身が自分で、自分の口から自分の言葉で説明して、
プランを融資担当者に理解していただかなくてはいけません。
最初は、私やまわりの人にプランを説明しながら、
プランをシェイプアップして行くということをします。
そうするとだんだんと自分の言いたいことがまとまってきます。
いきなり行くよりは何回かプレゼンテーションの練習をしながら、
考えをまとめ、甘さを取り除きながらやっていただいたほうが、
成功率が高くなるといえるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ