事業成功の秘けつとは何か?

事業成功の秘けつには、
社長とその社長についてくる従業員の関係が大きく関わっているように思います。
どんなに素晴らしい能力を持った社長でも、
1人では限られたことしかできませんし、
厳しい言い方をしますと、
社長に人がついてこないということは、
お客さんがついてこないという結果にもつながるケースが多いような気がします。
社長がやりたいことを理解してくれる取引先、仕入れ先、協力先はもちろんですが、
誰よりも一番近くにいる従業員が社長の思いを理解して
一丸となって一緒にやっていこうという気持ちを抱いているのが
理想的ではないかと考えています。
両者の関係がうまくいくと大変しあわせな会社運営になるのではないかと思います。
今まで私が出会ってきた素晴らしい社長は往々にして、
何故事業をやっているのか、何のためにやっているのかが
お金以外のところにあったように思います。
ですから、
その事業を継続させ発展させるために従業員の協力が必要だということ、
また取引先の協力、仕入れ先の協力が必要だということを
自然と認識できていたのだと思います。
そして、その結果として、利益が出ているということだと感じています。
もちろん理念や理想だけで、数字がついてこなければ絵に描いた餅ですが
かといって数字ばかりを追っていてもうまくいく筈もありません。
非合法なことをやっていなくても
儲かれば何をやってもいいというような気持ちでは
事業は成功しないのではないかと感じています。
「何のためにやっているか」という理念を持つこと、
そして従業員とその気持ちを共有することは、
事業を成功に導くうえで非常に大事だと私は考えています。
そうは言っても、
「資金繰りが大変なんや、月末の手形が落ちなかったら会社潰れるで」
と金策に奔走する社長もいらっしゃいます。
しかしそういう社長は、
一時期は金策が落ち着いて時間や余裕ができたとしても、
理想や理念を考えることもせず
結局半年後一年後にはまた金策に奔走する羽目に陥るものです。
だからこそ今、敢えて時間を作って考えていただきたいのです。
そして従業員とその理念を分かち合っていただきたいと私は思っているのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ