キャッシュフローはしっかりと・・・

前回、貸借対照表と損益計算書のつながりが大切だと
お話しましたが、もうひとつ大切なのが、
支払のサイトと入金のサイト、
つまりキャッシュフローをしっかりしておくことです。
売上が増えれば増えるほど、
頑張って売ってこいと営業マンにはっぱをかければかけるほど、
会社の資金繰りはきつくなってくるということです。
売上が上がって利益が上がっているのに、
なんでしんどいのだろう?
という会社は見直してみると良いでしょう。
実際、両方の複合体のこともありますが、
在庫管理とサイトの管理ができていないというのが
一番大きなところです。
バブルの時代には、
過大投資とかそういう話もありましたが、
やはり過大投資などは社長もわかっているのです。
例えば、新しい工場を建てるとか
社員の保養所を買うと巨額なお金が要って、
それは何年で回収できるかというのは、
根本的には社長はわかっていらっしゃいます。
わかりにくいのは在庫とサイトです。
是非、社長には、
貸借対照表と損益計算書の理解、
つながりの理解をマスターしていただき、
キャッシュフローをしっかりと把握していただきたいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ