上田会計事務所のスタッフブログ~吉田のほっと一息~

皆さんこんにちは。今回は吉田が担当します。

新年度も始まり、移動中の電車の中でも、
新社会人らしき人たちを多く見かけるようになりました。

この季節には、自分の新社会人のころを
思い出すことが多いです。

ところで、新社会人、新入社員といえば、
日本生産性本部が毎年発表している
「今年の新入社員タイプ」を聞いたことがある方も
多いのではないかと思います。

その年の新入社員のタイプを
その時々のトレンドと絡めて
(かなりこじつけっぽいところもありますが)
表現しているもので、
例えば今年、平成26年度の「新入社員のタイプ」は
「自動ブレーキ型」だそうです。

その心は
「困難な壁にぶつかる前に未然に回避する傾向がある」から
とのこと。

最近は、「偏見だ」とか「こじつけすぎる」とかいう批判もあり、
あまり「新入社員のタイプ」が取り上げられることも
なくなったようですが、
先日つい気になって自分が新社会人になった年のものを
ネットで検索してみました。

すると・・

「形態安定シャツ型」!?? 

防縮性、耐摩耗性の生地(新人)多く、
ソフト仕上げで、丸洗い(厳しい研修・指導)OK。

但し型崩れ防止アイロン(注意・指示)必要・・

・・よくわかりませんが、
とりあえず厳しい指導をしても大丈夫、
といっているようで全く腑に落ちません。

まあこの年に限らず、他の年代を見てみても
あまり言われてうれしいことは書いていないようです。

いつの時代も大人はその時々の若者には厳しいといったところでしょうか。

ともあれ、いろいろな希望をもって
新しく入社してくる新社会人、新入社員。

自分も初心を忘れずに、「最近の若いやつらは・・」
なんて言わずに迎えてあげたいものです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ