上田会計事務所のスタッフブログ~岩岡のほっと一息~

 今月は岩岡がほっと一息を担当させてもらいます。
 
先日の話ですが、うちの下の子供が外科手術を受けて、3週間近く入院することになりました。
 口の中の構造を補正する手術だったのですが、大事に至らず無事に終わりほっと一安心しましたが、ただ口の中を切っているので、口からの食事が難しいため胃の中までチューブを通して栄養を入れていく必要があり、手術後の方が圧倒的に大変な毎日となりました。なぜなら嫁さんが病院で一日中付き添いをしないといけなかったため、家を不在にしており、その間元気な上の子供の面倒をみながら家事に明け暮れておりました。

 そのお世話になった病院ですが、京都府立医科大学附属病院という京都御所の前にある近代的な大きな病院だったのですが、手術当日初めて訪れた瞬間に『うわっ、この病院絶対すごい病院や!』って、思いました。理由は写真にもあるように、廊下やエレベーターいたる所にこの経営理念が掲げてあり、廊下から病室まで塵ひとつないくらい磨き上げられていて、まだ誰とも話をしていない状況でしたが、すごさをひしひしと感じました。

 期待を裏切ることなく担当してもらった先生や看護師さんみんながプロ意識を持っており、安心して子供の手術を任せることができました。術後も僕が無理に子供の体勢を動かすと看護師さんが飛んできて『何かありましたか!』と『いや少し体を動かしたんですけど、ダメでしたか?』と言うと、『それなら安心しました。24時間体制で数値の異常をチェックしているので様子を見に来たんです』と説明を受けました。看板に偽りなし。

 改めて経営理念の大切さを感じました。経営理念を掲げて組織が一体となっている集団はこうもレベルが高いのかと思いました。日々の自分自身の仕事のやり方も改めて見直して頑張っていこうと思った今日この頃でした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ