ほっと一息♪

こんにちは。今月のほっと一息は岩岡が担当させて頂きます。

 

季節的には肌寒さが感じられる今日この頃ですが、税理士事務所のお仕事はこの時期からとても忙しくなってきますので、なかなかほっと一息ついてる暇はなくなってきます。

 

そんな繁忙期を目の前にして、高校の友人からやる気をもらった話をしたいと思います。僕は1999年に大学を卒業したのですが、就職超氷河期と言われ、就職することがかなり難しい時代でした。そんな中でも、高校時代から成績が優秀だった友人は、国立大学を卒業した後、名のある某企業に就職を早々と決めておりました。

 

そんな彼が、就職して5年位経った頃にその会社を退職して司法試験に臨んで弁護士になると言って学生に戻って勉強を開始しました。僕は今から?っていう感じと、せっかく厳しい競争を勝ち抜いて得た今の地位を捨ててまでやることかなと思いました。また、弁護士になるにも時間がかかりますし、なってからも仕事を覚えるまでに更に時間がかかりますし、スタートが遅すぎると助言しましたが、友人の意思は非常に強くゆるがないものでした。

 

その後も毎年一回、飲みに行っては近況を聞いておりますが彼はなかなか合格することができません。昨年、もう40歳になるし、そろそろ諦めて何か仕事をすべきではとみんなが思っていましたが、それでも彼は諦めずに勉強を続けました。

 

そして今年、ついに彼は司法試験に合格しました。結婚も仕事もせず、友達、家族その他いろんな人からこの10年近くいつまでやるんだというプレッシャーの中、彼はやり抜きました。今、大阪地検で研修生として頑張っていますが電話の声は生き生きしていて、毎日充実していると言っていました。結果を出すということは、人に感動を与えて、人に自分も負けていられないという気にさせる力があるということを、気付かせてくれました。

 

僕も彼に負けないように、日々研鑽していかなくてはいけないなと思いました。そして、同級生にもすごいなと言わしめるくらいの事をやってのけたいなと思った今日この頃でした。

 

図1

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ