清水国際特許事務所 様

今回のお客様訪問日記は、吉田の担当先から清水国際特許事務所様を紹介させて頂きます。

ところで皆さん、特許事務所ってどのようなお仕事をされてところかご存知ですか?

少し前に青色LEDに関する従業員の発明対価が8億円という大きなニュースがありましたが、それ以来企業の発明等に対する権利(知的財産権)の恩恵を誰が受けるのか、企業か、それともそこで働いている発明者個人かといったようなニュースが新聞等の紙面を賑わしています。

そのような知的財産に関するプロフェッショナルが弁理士、特許事務所なのです。

さて、所長弁理士の清水先生は、先端技術に関わり続けられる仕事、技術と法律の両方に精通することが求められる専門職ということに魅力を感じこの世界に足を踏み入れました。

僕も毎月訪問させて頂いて感じるのが、本当にエキスパートの職場だなあということです。

高度な技術も多い発明内容を理解するだけでなく、それを特許出願に耐えうる形で文章としなければならないし、また知的財産に関する多様な法制度の理解も欠かせません。まさに理系と文系両方を兼ね備えたエキスパートという感じがします。

そのため、高度な専門的サービスを提供するために、頻繁に改正される制度や運用の勉強も欠かせないようです。この点では我々税理士と全く一緒です。

「発明して特許を取ることが即、その会社の利益につながるという考え方は正しくないと思います。そうではなくその発明を活用して有利なビジネスを構築できたとき、その発明を自社だけが実施できる権利を保証する特許は非常に大きな価値を持つと考えています」と清水先生はおっしゃっています。

そのため清水国際特許事務所ではクライアントのビジネスをサポートするための仕事である、ということを常に念頭に置き、クライアント自身が理解し、納得して判断できるように努めています。

特許とは目的ではなくて、クライアントのビジネスを成功させるための有効なツールとなりうるものである・・、「特許」を「会計」に変えれば我々会計事務所にも同じことがいえますね。 (僕の勝手な解釈ですが・・)

特許、発明というとちょっと敷居が高いと感じる方もいるかもしれませんが、知的財産権は特許のみならず、実用新案(小発明)、意匠(デザイン)、商標(ブランド)など多様で、ちょっとしたアイデアやデザインでも知的財産権をうまく活用することにより、今のビジネスをより効果的なものにすることができる可能性を秘めているのです。

特許事務所は思ったよりもずっと皆さんの事業に身近なものかもしれません。

simizu1simizu2

 

 

 

 

simizu4simizu3

toiawase_base

サブコンテンツ

お問合せはこちらへ