有限会社ポンタオフィス 様

今回のお客様訪問日記では、小長野の担当先の有限会社ポンタオフィス様をご紹介します。

ポンタオフィスのポンタさん(本田勝裕社長)は、「楽しく働き、わかりやすく伝える」をコンセプトに、高校生、大学生、若手社会人向けにキャリアデザインや就職をテーマとした講演業と執筆業をされています。

最近では、講師派遣や企業研修も増えていますが、一番力を注ぎたいのは、「可能性の塊」である学生向けの仕事だそうです。

去年は飛行機に130回ほど乗り、「マイルがたまる~!」と叫んでおられました。(笑)

そんなポンタさんは、株式会社インテリジェンス(旧:株式会社学生援護会)と株式会社クリエテ関西(あまから手帖版元)で11年間働き、34歳の時に、この仕事に出会い独立されました。

それまでの「雑誌作りのプロ仲間」と創る仕事から、今は「可能性の塊であるワカモノ」と創る仕事になったとおっしゃっています。

本当に生き生きと仕事をされており、小長野も見習う部分がたくさんあり、勉強させてもらっています。

ポンタさんは、「自分自身が彼らにとっての社会人のロールモデル」という思いをもっており、自らイキイキと働くことを大切にされています。

講演や執筆の際には「楽しく・おもしろく・役に立つ」内容にし、可視化して伝えることや、具体例を例示することで、むずかしいことを如何にわかりやすく伝えることができるかをいつも考えておられます。

基本的に「とてもよかった」8割:「どちらかといえばよかった」2割を目指しておられます。

現時点では7:3らしく、「もっと笑わさなアカンな~」とおっしゃっていたポンタさん。

講演や執筆では大阪弁を使うことがほとんどで、キャリアコンサルタントではなく、キャリアコメディアンといわれることもあるそうです。

自主開催の『ポンタビジネスカレッジ』にも力を入れておられます。

これは、社会人のキャリア開発がテーマのセミナー研修会です。

東京・京都・大阪・福岡それぞれの場所で年に1回開催しています。

コーチングの最先端理論であるソリューションフォーカスと組織心理学のFFS理論を背景としています。

といってもむずかしいものではなく「自分エンジン」「自分コミュニケーション」「自分マーケティング」をテーマに学ぶ強烈に楽しいセミナーです。

小長野も参加し、参加者やポンタさんと一緒にとても楽しく学ぶことができました。参加費以上の満足があるセミナーだと思います。

詳細は、ウェブ検索「ポンタキャリアカレッジ」で。

http://www.ponta.co.jp/career/

今後は、キャリアデザインに関する本の出版やメディアでの露出、ポンタキャリアカレッジの拡充、Facebookでの交流強化、次世代人材の見極めと育成プロジェクトの進行等々、たくさんの展開を考えておられます。

そんなポンタさんをこれからもドンドン応援していきたいと思います。

 

 

ponta2

ponta1

ponta3

toiawase_base

サブコンテンツ

お問合せはこちらへ