関西チャイルドアカデミー 様

みなさん、こんにちは。

今月のお客様訪問日記は吉田の担当先から、大阪、心斎橋と梅田で24時間保育園を運営されている関西チャイルドアカデミー様をご紹介します。

お仕事が忙しく、出産日の朝の5時まで仕事をして、出産に臨まれたという理事長の曽我部さん。

ご自身のお子様をあずける中で「あんな保育園あったらなぁ。こんな保育園あったらいいな」という想いから24時間保育園『オールウェイズ』は生まれました。

認可保育園では対応できない日曜保育、突然の一時預り保育、夜間保育等、忙しいお母さん、お父さんの強い味方となっています。

また、外国人講師による英語レッスンや運動会、遠足、海水浴等のイベントはもちろんのこと、ウェブカメラでお子様の様子をご覧いただけるライブサービスなども行っています。

他にも毎日更新されているブログ、フェイスブックでお子様の様子をお知らせする等、利用者が安心して利用できるためのユニークなサービスを積極的に取り入れ、ご父兄の方々からも大変高い評価を得ています。

「育児が保育に変わる時、『自分の子供は成長したね』が『自分の子供も成長したけど、○○ちゃんも成長したね』に変わります。

この父兄の方々の輪を繋いでいくのが保育園の使命と考えています。」と曽我部さん。その輪が繋がっているのが実感できた時、保育士としての冥利に尽きると言います。

生まれた瞬間「五体満足であれば」と願った親は、その後「我が子がこうであれば・・ああであれば・・天才かも・・」など次から次へと欲が出てくるものです。でも、我が子に障害があると判った時、我が子を受け入れられるまでにどの位の時間が必要でしょうか?「生まれてくれて有難う」と我が子に言える日を迎えるまで・・・。

ある時、お子様をお迎えにこられた時に、大きな溜息をつき「先生、うちの子は専門の施設に相談に行ったほうがいいでしょうか?」「このままで小学校に行けるでしょうか?」とご相談を頂く事があったそうです。 そのお子さんには少し障害がありました。

しかし、集団生活の中で一つ一つ他の子と同じ事が出来るようになり、小学校就学前には突然他のお子さんと足並みが揃い無事小学校に入学。

父兄の方から頂いた「先生有難う御座います。この子を生んで幸せです」というこの言葉が、今でも曽我部様の財産となっているそうです。

とにかくオールウェイズのこども達はいつも元気いっぱい。

吉田も訪問させて頂くたびに、いつも活き活きとしたこども達、そしてスタッフの方々のパワーに圧倒されています。

街でピンクの「ALWAYS INTERNATIONAL」と書かれたTシャツを来たこども達の集団に出会ったら、是非手を振ってあげてください。

kansaichild2

kansaichild3

 

 

 

 

 

 

kansaichild1      株式会社 関西チャイルドアカデミー
〒542-0083 大阪府大阪市中央区東心斎橋1丁目4-13
TEL:06-6281-4550
URL HP : http://www.always24.net/

 

 

toiawase_base

サブコンテンツ

お問合せはこちらへ