お客様訪問日記のご紹介です!今回は株式会社ああと屋様です。

今回は松丸が担当させて頂いております
株式会社ああと屋さん
をご紹介させて頂きます。

日本には「ものづくり」という世界に誇れる文化があり、
一流の技術をもつ職人が大阪にもたくさんいらっしゃいます。

中村社長は、これまでに培ったデザイン力やアイデア力を活かして、
他にはない新しい商品を作りたいと考えておられたところ、
職人の方々とコラボレーションすることで、
ギフト分野において必ず受け入れられる商品を作れるという
確信を持てたことが会社設立のきっかけとなりました。

そんなああと屋さんのスローガンは、
「オドロキ・ヒラメキ・カンゲキ」です。

当たり前ではない、何かが少し違う、
心にひっかかる楽しさやアイデアを大切にされています。

このスローガンを聞くと、
中村社長と名刺交換をした時のオドロキを
いつも思い出します。

ロボット風の似顔絵が入っているのですが、
それが妙にコミカルで楽しく印象に残っています。

ああと屋さんが今力をいれているのは、
ブライダルの引き出物のカタログ販売です。

カタログの名前は、「ARIBATON (アリバトン)」。

「ありがとう」の気持ちがどんどんつながって、
ありがとうの連鎖を生み出す商品を目指すとの思いが入っています。

近年、引き出物の主流になりつつある「カタログギフト」ですが、
中には「欲しいものがない」というゲストもおられるという現実があります。

そこで、もらった人全員に喜んでもらえる引き出物として、
掲載されている商品全てが、オーダーメイドの世界にひとつの記念品になる
という新しいスタイルのカタログギフトです。

今後は、ブライダル関係だけでなく、
一般のギフトとして販売できるようにしていきたい
と考えておられます。

昨年末に、道頓堀でギフト商品の作品展を開催しました。

即売も行ったのですが、なんと展示品の8割が売れたそうです。

お客様の生の喜びの声を聞けたことが励みになり、
ショップ展開も視野に入れておられるそうです。

事務所はいつも元気で溢れており、活気があります。

巡回監査の訪問時には、商品開発のための打合せや、
営業活動の打合せなどを目にする機会もありますが、
皆さんが元気に仕事をしている姿をみるだけで、
こちらもなんだか幸せな気持ちになります。

社長の人柄がそのまま社風になったように思います。

「日本を元気にしたい!日本をデザインする!」
というメッセージをいつも発信し続ける中村社長は、いつも前向きです。

「世界をありがとうで満たしたい、
だってありがとうって言われたらうれしいやん。」

と熱い想いが伝わってきます。

そんなああと屋さんは、
「必ず感動が生まれるギフトといえばああと屋」
を目指して頑張っておられます。

僕も会計、販売管理の面から応援していきたいと思います。

~ 株式会社ああと屋 ~

住所:大阪市中央区島之内1-8-8
電話:06-6244-3508
営業時間:9:30~17:30
休所日:土・日曜日、祝日
http://www.aatoya.com/index.html

toiawase_base

サブコンテンツ

お問合せはこちらへ