年末調整について

今月は、倉内が年末調整についてのお話をさせていただきます。

年末調整とは、1年間に徴収した源泉徴収税額とその年に納めるべき税額との過不足額を計算して、その差額を本人から徴収又は還付する手続で、年末に行うことから「年末調整」と呼ばれています。

源泉徴収をした税額の合計額とその人の納めるべき税額(年税額)とは、例えば次のような理由から、一致しないため、精算しなければならないからです。

1、源泉徴収税額表は、年間を通して毎月の給与の額に変動がないものとして作られ ているが、実際は年の中途で給与の額に変動があること 2、 年の中途で扶養親族等に異動があっても、その異動後の支払分から修正するだけで、 さかのぼって各月の源泉徴収税額を修正することとされていないこと 3、配偶者特別控除や生命保険料、地震保険料の控除などは、年末調整の際に控除することとされていること 多くの給与所得者は、勤務先から受ける給与以外に所得がないか、給与以外の所得があってもその額が少額ですから、大部分の人については、この年末調整で納税が完了します。

経理担当の方は、生命保険や国民健康保険料、国民年金等の控除証明書や領収書が添付された、保険料控除申告書を従業員の方から回収しなければいけません。11月初めからすぐにでも依頼し、12月に入るまでに全従業員分がそろうように連絡を徹底しましょう。

また、TKCのシステムの『PX2(給与計算)』で、年末調整に必要な書類を確認する事ができ、扶養控除等申告書や保険料控除申告書の出力を行う事も可能です。(「年末調整」タブからA.年末調整の準備) より詳しいご案内は、巡回監査担当者からご説明させて頂きます。ご不明点ございましたらお気軽にお尋ねください。

toiawase_base

サブコンテンツ

お問合せはこちらへ