上田税理士事務所のお仕事仲間をご紹介!今回はTKC全国会 7000プロジェクトです。

TKC全国会 7000プロジェクトのご紹介

今年、TKC全国会より7000プロジェクト活動が開始されました。この活動は、認定支援機関となったTKC事務所が、金融支援を必要とする関与先企業様の経営改善計画策定を支援するため、地域金融機関とともに関与先企業様の経営支援を行うことで財務経営力の強化を促していくプロジェクトです。図7

このプロジェクトは例えばこのような方にお勧めです。
金融機関への返済条件等を変更し、資金繰りを安定させながら
(1)黒字体質の企業に転換させたい
(2)業績悪化の根本的な課題を見つけたい
(3)計画策定後も継続的にフォローアップをお願いしたい。

経営改善計画書を作成すると、金融機関から返済条件を緩和してもらうことで、一時的に返済負担は軽減されます。しかしながら、経営改善に向けた対応策を講じない限り、なかなか業況は好転せず、借入金の返済に進まないほか、状況如何では、融資を受けることが困難になり、資金繰りに支障をきたす可能性も想定されます。したがって、経営改善計画書を作成するだけでなく、実行していくことが必要不可欠になってきます。

加えて、「業況改善の可能性とその実現施策」について、目に見えるかたちで対外的に説明する事が重要であり、その説明資料として、近年、計画書の必要性が高まっています。
また、このプロジェクトを活用すれば、金融機関から各種の金融支援(借入条件の変更・借換・借入金の一本化・新規融資)を受けることができることに加えて、その専門家費用の2/3を国が負担することになります。

当事務所が金融機関への説明、申請に係る手続き等は全面的にご支援いたしますので、この機会に、積極的に経営改善に取り組み、資金的な余裕を生み出し、財務状態を強化し、更なる経営の発展を目指しましょう。

 

toiawase_base

サブコンテンツ

お問合せはこちらへ