FXで出来る「たな卸資産の回転日数」のご紹介

サープラスでは、FXで出来る「図2」の管理について説明させて頂きます。

「たな卸資産の回転日数」とは、在庫が何日かかって一回転するのか、つまり、何日分の在庫を保有しているのか、を示すものです。

製品や仕掛品、原材料など棚卸資産(在庫)の管理の効率性を見る指標の一つで、日数が短いほど在庫を持ってから販売できるまでの期間が短い事を意味し、少ない在庫で効率よく売上を上げている事になります。

逆に、回転日数が長くなっている場合は、効率よく売上を上げることが出来ていない事を意味し、キャッシャフローの悪化に繋がります。

例えば、「商品を作りはしたが、効率的に販売できておらず在庫が増加している。」または、「製造してから、出荷までの製造期間が長期化してしまっている。」という状況を視覚化することで、より的確な経営戦略に役立ちます。

FXで「たな卸資産の回転日数」の管理を行うためには、当然、棚卸資産の入力が必要ですが、そのために必要なタイムリーな実地棚卸をすることは、決して安易なことではありません。
会社の状況に応じた実地棚卸について、是非ご相談下さい。

toiawase_base

サブコンテンツ

お問合せはこちらへ