e21まいスターのご紹介

『e21まいスターのご紹介』

今回のサープラスはTKCのシステム「e21まいスター」の特徴についてあらためてご紹介します。

この「e21まいスター」に関しては、多くの関与先の皆様にご利用いただいている会計ソフト「FX2」や給与計算ソフト「PX2」の小規模事業者向けの廉価版ということでご存じの方、また既にお使いの方も多くいらっしゃると思います。

価格面のお手頃感に目がいきがちなのですが、一押ししたいのは会計・給与・請求業務をまとめてIT化できるということです。「e21まいスター」は会計ソフト「しっかり会計」、給与計算ソフト「あんしん給与」、そして請求書作成ソフト「かんたん請求」がオールインワンとなったシステムなので、各ソフト間で仕訳を連動できます。請求書入力と仕訳入力で2度入力するような手間もなく経理業務の合理化につながります。
また、小規模事業者や、専門の経理担当者のいない会社を前提に作られているシステムなので、メニューは直感的で分かりやすいアイコン表示にするなど使いやすい工夫が随所にこらされています。

このように、使い勝手のよい「e21まいスター」ですが、廉価版だけあって苦手な業務もあります。代表的なものを上げると・・

・部門別管理ができない 図2
→店舗別の業績、事業部別の業績等は管理できません。
全社業績のみが可能です。
・資金繰り管理機能が不十分
→支払管理や資金繰り計画といった機能が省略されています。
(資金繰り実績管理は可能)
・手形管理機能がない
→手形取引が多いところは使いづらいかもしれません。
・給与計算が10名までしかできない
→社員が増えてきた場合はPX2へ移行が必要となります。 等々

この他細かい機能制限もありますので、皆さま方にシステムを導入させて頂くに当たっては、各担当者が会社の状況等を考慮して最適とおもわれるものをご提案させて頂いております。
本記事をご覧になり「e21まいスターでもいけるのではないか?」「e21まいスターでは今後キツイかな・・」等、思い当たることがありましたらご遠慮なく担当者までお知らせください。

 

toiawase_base

サブコンテンツ

お問合せはこちらへ